投資とギャンブルの違い〜ギャンブルで負ける理由

どうも、あおです。

今回は私の経験をもとに、投資とギャンブルの違いについて、個人的な意見を書きたいと思います。

投資とギャンブルは同じと考える方もいるかと思いますが、全然違います。

このブログを読んで、投資・ギャンブルのどちらに大切な資金を使うか考えてみてください。

投資とギャンブルの定義上の違い

まずは意味上の違いについて。
Wikipedia上では、以下の定義になっています。

投資・・・主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動のことを指します。


ギャンブル・・・ギャンブル=賭博となっており、金銭や品物を賭けて勝負を争う遊戯のことを指します。

つまり、投資は株や不動産など、自分の資産を運用して
資金を増やしていく行為のことを指します。(投機とも言う)
ギャンブルは、遊戯の対象として、お金を掛けます。
例えば、競馬・カジノ・パチンコなどです。

注意すべきなのが、投資も度を過ぎればギャンブルになってしまいます。
ハイレバレッジでの為替取引(FX)なんかは、完全にギャンブルです。

これらの違いがどう結果に表れてくるか、次から考察していきます。

ギャンブルには胴元がいる

先ほどの定義を見れば分かりますが、ギャンブルはお金を掛けた勝負です。
勝負事には、必ず勝ち負けを判断する人が必要です。
これを、「胴元」と呼びます。
ギャンブルは仕組み上、賭け金の一部が胴元に入るようになってしまっているのです。

株も手数料という形で資金の一部が証券会社に行きますが、数百円レベルです。

つまり、ギャンブルは始めた段階で圧倒的に損をしているのです。

胴元にいくら払うのか

胴元に手数料・参加費を取られ、さらに勝負をした後、
手元に残るお金の割合を還元率と呼びます。
逆に、胴元に取られる割合のことを控除率と呼びます。

もちろん、ギャンブルで利益を得るためには、還元率は100%を超えている必要があります。
(還元率100%の意味は、1000円掛けると1000円戻ってくる、という意味です。)
では、色々なギャンブルの還元率を見ていきましょう!


なんと!どれも100%を超えていないんですね。
カジノはブラックジャックでカウンティングをすれば、
100%を越えると言われています。
管理人も昔、オンラインカジノやマカオで勝負しましたが、
そのときの失敗談はいずれお伝えします。。。

宝くじがどれだけ夢を追っているかもわかりますね。
だって、100万円買ったとしても、平均リターンが45万円なんですから。
夢を追うのを止める気は、全くありませんが。

大学時代の友人たちは、毎週末狂ったように競馬をしていました。
彼らは勝ちたい、という気持ちもあったと思いますが、
純粋に馬が好きだったんだと思います。
これも、止める気はありませんでした。

ただ、ここで今一度伝えたいのは、
これらのギャンブルはスタートした時点で負けている、ということです。
一部、「プロ」と呼ばれる方々はギャンブルで生計を立てておられますが、
かなり努力されて、その地位を確立されているはずです。

今日ちょっと暇だからパチンコ行こ〜、とか、
今日人気の馬が走るから賭けてみよう〜、とか、
生半可な気持ちではギャンブルに勝つことは出来ません

投資は勝てるのか

じゃあ投資は勝てるの?と大多数の方が思われているでしょう。

投資の定義でも述べたように、投資は将来のために資本を投じる活動です。
つまり、自身の資本を運用して利益を出します。
手数料は生じますが、ギャンブルのような胴元はいません
(中央銀行の政策などの影響は受けますが・・・)

何だかギャンブルより勝てそうな気がしてきませんか?

短期売買では勝てない

ギャンブルより投資の方が勝てそうと言いましたが、これが管理人が行き着いた結論です。
株・FX・先物を実践した経験から言わせてもらうと、
短期の売買はほぼギャンブルと一緒でした。

だって、株価が上がるか下がるか、
為替が円安になるか円高になるかなんて、わかんないですもん笑

もちろん、これらにもプロと呼ばれる方々はいらっしゃいます。
彼らは本当にすごいです。本当に。
純粋に努力や経験値が足りないだけかもしれませんが、
このまま続けたら破産する、と感じやめました。

この経験も、いつか書けたらなと思います。

米国株に長期投資が一つの解

色々回り道をして、最終的に行き着いた解の1つが米国株への長期投資です。

管理人のように、適当で、我慢ができなくて、
ポジションを持っていないとそわそわして、
会社でも取引してしまって結局失敗した経験のある方は、
一度やってみてはいかがでしょうか。

なにがいいのかというと、
① 長期投資のスタンスなので、日々の株価の変動に動じなくなる
② 米国株の安定性と、過去の実績が素晴らしい
③ 複利の力で雪だるま式に資産が増えて行く

ということです。

①の意味はお分かり頂けると思います。
短期売買をしていた頃は、日々の株価の変動にそわそわしていましたが、
そんなことはなくなりました。

ちょっと長くなったので、次回のブログで米国株へ長期投資するメリットを詳しく解説していきます。

続きはこちら→
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする